ソーラーパネル メリットとデメリット

ソーラーパネルのメリットは?デメリットは?

ソーラーパネルのメリット

 

家計に優しい経済的メリット

ソーラーパネルの一番の魅力は、この経済的メリットと言えます。

 

一日に使う電気量を、ソーラーパネルで発電した電気で、補えば補えるほどに電気代を大幅にカットできます。

 

さらに、余った電気を電力会社に売ることができますので、自然と節電する意識も高まります。モニターで確認することができますので、節電効果が目で見てわかると思います。

 

 

 

「毎月、電気代が1万円も掛かっていたのが」

毎月の電気がタダってことも !!

 

「さらに、発電した電気が余れば電力会社に売ることができるので」

設置費用の回収を早めることも !!

 

 

地球に優しい環境的メリット
  • ソーラーパネルは、石油や石炭など化石燃料を必要としない

「無限に降り注ぐ太陽の光だけで発電するので、石油や石炭など限りのある資源のように、無くなる心配がありません。」

 

  • 発電時に、環境に有害な物質を排出しない

「地球温暖化の問題の1つ、CO2(二酸化炭素)をまったく排出しません。」

 

 

効率性に優れている性能のメリット

システム構造自体が簡単なので、太陽の光があたる場所さえあれば、基本どこにでも設置ができます。

 

  • ソーラーパネルの耐用年数は20年以上とされており、長寿命で故障しにくい
  • 自立運転機能を備えているので停電時に電源として利用できる
  • 屋根に設置したソーラーパネルに断熱効果がある。

 

 

 

ソーラーパネルのデメリット

 

初期費用がかかる経済的デメリット

 

昔と比べたら価格はだいぶ安くなりましたが、初期費用が200万前後と、まだ安いとはいえません。(4KW、補助金含まず)

 

*1994年頃は4kWで約800万円です。

 

発電量が不安定などの性能のデメリット

発電量が不安定

季節や天候、時刻に左右され、安定した発電量が得られないデメリットがあります。

  • 日照時間、日射の強さに影響される
  • 雨や曇りの日は発電量が低下する
  • 夜間は発電できない

変換効率がまだ高いとはいえない

太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合である変換効率が15%前後とまだ高いとはいえません。